お歳暮に贈りたい産地直送の絶品ギフト

なるべく早めに手配しよう。お歳暮の準備

今年ももう年の瀬

一年間を振り返る歌番組や、印象的なニュースをまとめた記事などをみると、今年もあと少しだと実感しますね。

街中は華やかなイルミネーションが施され、クリスマスカラーに染め上がっていますが、浮かれずに年越しの準備も進めないといけませんね。

お歳暮-風呂敷

 

年越しの準備で、まず手を付けていただきたいのがお歳暮の準備です。

両親や親戚、会社の上司や同僚、取引先の担当者さんなどなど、だれに贈ろうかというところから中々手配が大変ですよね。だからこそ前もって準備をすることが大切です。お歳暮の準備は、大きく「誰に贈るかを決める」「価格(予算)をそれぞれ決める」「商品を選ぶ」「配送の段取りをする」と分けることができます。

 

まず、「誰に贈るか」ですが、

お歳暮は今年中にお世話になった方々への感謝の気持ちとしてお贈りするものです。丁度、今年一年を振り返る良い機会かもしれないですね。最近では、社内のお歳暮などのやり取りを禁止している企業もありますから、上司やお取引先の担当者さんに贈る際などは事前に調べておいてくださいね。

次に、「価格(予算)を決める」のですが、

実はあまりにも高価な品物をお贈りすることは、お相手様に気を遣わさせてしまうという理由で失礼にあたるとされています。よく使われる一般的な価格帯としては3,000円~5,000円くらいがお歳暮の相場のようで、特にお世話になった方へ1万円程度のお品をお送りするとよいかもしれませんね。

特に困るのが「商品」選びですよね、

商品については、足の早い(賞味期限など)ものはなるべく避けた方が無難など、注意する点がいろいろありますが、お相手様の好みのものをお贈りするのが一番です。また、下部にも商品選びについて詳しく記載していますので、参考にしてください。

最後に「配送」です。

本来であればお品物を直接お持ちすることが一番なのですが、最近では配送便でお届けしてしまうのも一般的になりました。最近では、別段郵送でお送りすることが失礼ではありませんのでご安心ください。また、お送りする時期や状況も考えて送ると理想的です。最近ではアイスをはじめ魚介類など冷凍食品をお贈りすることもあると思いますが、冷凍食品はお相手様が自宅を離れている際に届くと傷んでしまいますので、必ず在宅時にお届けできるように事前に確認と了承を得るようにしましょう。

お歳暮-風呂敷

 

お歳暮はいつ贈るのが正解?

お歳暮という言葉そのまま「歳」の「暮れ」を指しますので、年末にお贈りします。

一般には事始め(年越しの準備を始める日)である12月13日~31日にお贈りするのですが、お正月用の生鮮食品などを除けば、年末ギリギリになってしまっては迷惑ということもあり、20日までには届くように手配すると喜ばれます。

(足の早い生鮮品などの場合は、年明けに食べられることが多いので、年末に着くように手配する方が良いとされます。)

ということもあり、事始めを始める前に真っ先に手を付ける準備としてお歳暮の手配をしたいものですね。

カレンダー

お歳暮って何を贈ればいいの?

お歳暮に定番のギフト品

基本的には、好きなものをお贈りして大丈夫です。

定番の品で言えば、ビールやハム・ソーセージのセット、海鮮類(新巻鮭やカニ)、肉類、洋菓子が人気の定番品です。定番だからこそですが、沢山の数を受け取るような方にお贈りされる場合は、同じような品物が数多く届くかもしれませんので、定番の品の中でも少し変わり種の方が喜ばれるそうです。

お歳暮は今年中にお世話になった方へお贈りして、喜んでもらうためのお品ですので、そのお相手は何が好きで、いかに喜んでもらえるかを考えて贈るようにしましょう。

お歳暮には避けたほうが良い品・ふさわしくない品

お歳暮には避けた方が良い品やふさわしくないとされる品があります。

避けた方が良い品の代表格は、足の速い「生鮮食品」です。生鮮食品や冷凍食品をお贈りした際に、たまたまお相手様が遠方へ出かけられているというケースがあり、せっかくのお品を痛めてしまう可能性があります。このようなお品を選ぶ際には事前に在宅日程の確認を取るようにしましょう。また、「個人の趣味嗜好の強い雑貨や家具」なども避けた方が良いといわれます。こちらは喜んでもらうというお歳暮の目的にそぐわない可能性があるためで、お相手様の好みに合わせた品であれば大丈夫です。

ふさわしくない品の代表格は、「現金」や「商品券」です。最近では商品券をお贈りされる方も多くなってきており、いくらか解釈が柔らかくなってきていますが、相手に金品を与えるという意味になってしまい、特に上司などの目上の方へお贈りすると大変失礼になってしまいます。その他にもお歳暮にふさわしくない品として、「刃物」や「文房具」「肌着履物」があります。刃物には、モノを切る道具ということから、相手との縁を切るという意味を持ってしまいます。文房具は勉学・仕事に使うモノということより、相手に勉学・仕事に励めという上からの贈り物と捉えられることがあります。肌着履物は現金などと同じく相手への施しものという意味を持ってしまいます。他にも「櫛(苦・死)」や「靴(相手を踏みつける)」といった語呂などの理由で避けるべき品があります。

最近人気の産地直送ギフト

最近では普段なかなか手に入らない、こだわりの品として「産地直送」のギフトが人気です。

ひと昔は、手持ちで年末に持参するのが当たり前でしたが、近頃は郵送でお品だけお贈りするのも普通になったので、通販でお気に入りのお店から直送しても手間にならないのもポイントです。産地直送の魅力は何といっても鮮度と品の良さで、海産物にしても精肉にしても果物にしても生産者より直接届く品物は本当に喜ばれるそうです。

産地直送の専門店「おもてなしギフト」

Yahoo!ショッピング限定ですが、全国の特産品・名産品を産地直送してくれる「おもてなしギフト」がとても便利です。

少しこだわった贈り物をしたいという方や、他の人とは違ったお歳暮を贈りたいという方には特におすすめで、全国の店舗がそのまま配送まで手配してくれる集合体のようなショップで、定番の品から地方でしかない特産品まで幅広く揃います。

ひとつひとつの商品に生産者の顔もあり、産地直送感が高いお店です。

地域ごとの紹介もしているので、自分の生まれ故郷の品をお贈りするのも面白いかもしれません。

 

>>産地直送ギフト専門店のおもてなしギフト

あなたの感想を選んでください!
  • おもしろい! (0)
  • 興味深い (0)
  • 役に立った (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です