姫路紹介<弐参> ここは日本?関西で有名なディープスポット!

太陽公園 中国建築物

足を踏み入れてすぐここは日本?と思いたくなる関西で有名なディープスポットが姫路にあります!

姫路のB級スポットとして有名な『太陽公園』。
姫路市の西北部にある峰相山の麓にあります。太陽公園は大きく2つのエリアに分かれており、それぞれ『石のエリア』『城のエリア』と呼ばれています。

『石のエリア』と呼ばれる場所には、シンガポールの「マーライオン」、中国の「兵馬俑」や「万里の長城」。エジプトの「ピラミッド」にフランスの「凱旋門」といった石で出来た作品があちらこちらに点在していますが、一番多いのは中国系の建物などです。

なんだかよくわからなけど、可愛い石像もありました・・・!

dsc_0750  dsc_0751 dsc_0742

また『城のエリア』に行くには、モノレールに乗り山を登ります。ドイツの古城をモチーフにした「白鳥城」では、女性限定で世界の民族衣装の貸出が無料で行われています。城全体が3Dトリックアートになっており、民族衣装での城内の散策が出来ます。ガラス工房や、お土産物の販売処なども併設されています。

白鳥城の中庭からみえるお城の壁にペイントもありました!

 

%e7%99%bd%e9%b3%a5%e5%9f%8e%e3%81%ae%e5%a4%a9%e4%bd%bf

あなたの感想を選んでください!
  • 興味深い (1)
  • おもしろい! (0)
  • 役に立った (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です